器を選ぶこと

 器もテーブルも料理あってのもの。器に何を載せようかとイメージすることがとても大事です。テーブルコーディネートとは、決して、むやみに飾り立てることではありません。
 私は、たとえ仕事の上での売り場の展示だったとしても、必ず料理を想定しながら、器や小物を並べています。

アール・アカデミー関西

 思い描く料理は豪華でなくてもよいのです。高価なケータリング料理より、簡単な手作りのメニューを上手に演出したほうが、お客様や家族はくつろげます。楽しい会話がはじまり、素晴らしい空間がつくれます。
 器を一枚選ぶことで心が豊かになります。気に入りの器とともに、季節が感じられるような花や小物、色を一つ取り入れるだけで、いつもの生活が違うものに感じられるようになるはずです。それが「暮らしを楽しむ」ということだと思うのです。