食は体を作る

 最近私はスクールや大学の授業以外にも、企業やお仕事をされている方の勉強会にお招きいただく機会が増えました。
 先日の指導者や家族の健康を作る役を担う側となった方々が集まる会では、「食は体を作る」というテーマで話をさせていただきました。

 食事は味や盛り付けだけなく、質や量、体に取り入れるタイミングも大切であるという内容です。
 食事の献立を考えるときに、朝・昼・晩を金・銀・銅にたとえると良いのです。
 朝食には量、質ともに金の値の食べ物を。反対に夜寝る前に、たくさんの量を食べる必要はありません。

 あたりまえに言われてきたことです。しかし忙しくスピーディーな毎日を送っていると忘れ去られがちな基本でもあります。
「あたりまえの知恵を、今の子どもたちにもちゃんと伝えて欲しい」
 そんな気持ちでセミナーの内容を考えています。

アールアカデミー関西
上は人参.レンコン.タケノコ.アスパラガス.パプリカ.キューリ.セロリ.紅心大根.スモークサーモンのサラダとヨーグルトソースです。
ヨーグルトは豊富な乳酸菌で血圧上昇やコレストロール値を下げ、腸内環境を整える働きがあり、免疫力をアップします。ダイエット効果、抗酸化作用と嬉しい効果も期待できます。ヨーグルトを野菜とともに、気軽に摂ることができる一品です。